AWS EC2のサーバーにApacheをインストール

今回からWordPressを動作させる為に必要なサービスやプログラムをインストールします。

今回はWebサーバーApacheをインストールします。

詳しい手順がこちらで公式ドキュメントで公開されています。ここではapacheのインストールに関して、掻い摘んで記述します。

サーバーインスタンスにSSHログイン

前回の記事を参考にしてサーバーインスタンスにSSHログインします。

これだけです。今はパッケージ管理システムのおかげでサービスのインストールが本当に楽になりました。

インスタンス起動時に自動的にapacheを起動するようにしましょう。

動作確認

ブラウザにホスト名、またはIPアドレスを入力してApacheが起動しているか調べてみましょう。

ホスト名、IPアドレスは以下の画像を参考に取得して下さい。パブリックDNSがホスト名、パブリックIPがIPアドレスとなります。

 

ホスト名とIPアドレスの確認方法

ブラウザにアドレスを入力してページを表示してみましょう。通常、アドレスは以下のような形式になるはずです。

アドレスが正しければ、以下のテストページが表示されます。このページが表示されれば、正常にapacheが動作しています。

Apache Test ページ

テストページが表示されない場合

セキュリティグループのインバウンドを確認してみましょう。

タイプHTTPが存在していない場合はルールを追加してHTTPポートによる通信を許可して下さい。

HTTPインバウンドルールを追加

ec2-userへドキュメントルートへのアクセス許可を与える

Apacheのドキュメントルート/var/wwwは所有者、グループ共にrootとなっていて、ec2-userでは書き込みできません。

以下はec2-userにアクセス許可を与える手順です。

まず/var/wwwにアクセスできるグループ”www”を作成しましょう。

注意:このグループはApacheの設定ファイルに定義されているグループと同じグループとしましょう。インスタンスのOSやパッケージ管理システムで使用したリポジトリによって、”www”でなく”apache”の場合もあります。

Apacheの設定ファイルに記述されているグループを以下のコマンドで調べてみましょう。

上記例の最後の行がグループの定義です。”apache”と定義されています。

上記例のようにグループが”www”でない場合、以下の内容の”www”グループは定義されたグループに置き換えて下さい。

作成する前にグループが存在するか確認しましょう。

コマンドを実行しても何も出力されない場合、そのグループは存在しません。グループを作成しましょう。

次にユーザーec2-userをwwwグループに追加します。

ec2-userのグループ設定を有効にする為に、一旦、インスタンスサーバーからログアウトしましょう。

再度ログインし、/var/www/とそのコンテンツの所有グループをwwwグループに変更します。

/var/www/の権限を変更します。

4桁目の2は、/var/www以下に作成されるファイルのグループをこれ以降全てwwwグループとする為です。

3、2、1桁目はそれぞれ所有者、グループ、全員の権限です。

次に、/var/www以下のディレクトリ全てに上記と同じ権限を与えます。

find /var/www -type dで、/var/www以下のディクレトリを検索し、その検索結果に対してsudo chmod 2775 を行います。

{}は検索結果を表し、\;は検索結果に対する処理の終わりを表します。

以上でApacheの設定は終了です。

次回はMySQLのインストール手順を書きます。

宮崎県在住。
プログラムを書いて暮らしています。趣味はルアーフィッシング、ギター。