Amazon S3にバケットを作成する

このサイトでは、画像やデータベースのバックアップをクーロン等で自動化して、Amazon S3にバックアップしています。

もし、サーバーに問題が発生しても、バックアップを取っておけば、万が一トラブルと遭遇しても安心です。

このページでは、S3で「バケット」と呼ばれるデータの容器を作成する方法を解説します。

なぜAmazon S3を使うのか?

Amazon S3の耐久性は99.99999999999%だそうです。これは10,000個のファイルをAmazon S3に保存し、そのうちの1つが障害で失われるには平均で1000万年を要する程、高い耐久性を誇るそうです。

これ程の高い耐久性を持つストレージは、コンテンツやデータベースのバックアップ等、失ってしまうと復旧に多大な労力を要す、もしくは復旧が困難な物を保管するにはうってつけです。

バケットとは?

「データの入れ物」です。「バケツ」ですね。それにファイルを保存します。バケツに放り込みイメージです。

バケットを作成する

AWS マネジメントコンソールにログインして、S3マネジメントコンソールへ遷移し、「+ バケットを作成する」ボタンをクリックして下さい。

次に、バケット名とリージョンを選択して下さい。

バケット名は、リージョン内で唯一の名前である必要があります。ドメインをお持ちでしたら、DNS準拠の名前を付けると良いでしょう。また、ここでは取り扱いませんが、バケットを静的ホスティングする際はDNS準拠の名前が必須となります。

リージョンは、基本的には他のAWSサービスを利用しているリージョンと合わせましょう。同一リージョン内の転送でしたら転送料が無料です。例えば、同一リージョン内のS3から、EC2インスタンスがファイルを取得した場合、転送量は無料です。

次はプロパティの設定ですが、ここでは解説を省略します。設定は作成後にも変更出来ます。

次はユーザーとアクセスに関する設定です。所有者の権限を設定しましょう。基本的には所有者はフルアクセスとしたままの方が良いでしょう。作成後に変更できます。

パブリックアクセス許可を付与すると、世界中のすべてのユーザーに、リスト権限、ファイルやディレクトリへの書き込み権限、読み取りと書き込み権限の 1 つまたはすべてが与えられます。基本的には推奨されている「付与しない」を選択しましょう。

システムのアクセス許可の管理を付与すると、Amazon S3ログ配信グループが、作成したバケットにログを書き込めるようになり、S3にログを保存できるようになります。ログが不要な場合、デフォルトの「付与しない」を選択しましょう。

最後に設定を確認して、「バケットを作成」ボタンをクリックします。モーダルダイアログが閉じて、新しいバケットが作成されています。

これでバケットが作成できました。

作成したバケットにファイルをアップロードする手順をこちらに書きました。併せてご覧下さい。

宮崎県在住。
プログラムを書いて暮らしています。趣味はルアーフィッシング、ギター。