テーブルの接頭辞をインストール後に変更する

こちらの記事でwp-config.phpの初期設定について記述しましたが、うっかりテーブルの接頭辞をデフォルトのままで運用していたりしませんか?はい、私がそうです。

デフォルトのままではセキュリティの面で不安があるので、テーブルの接頭辞をインストール後に変更しました。その手順です。

1.wp-config.phpを編集

wp-config.phpを検索し、$table_prefixの値を変更します。

2.データベースのバックアップ

テーブル名を変更し、テーブルの値を更新するので念の為、バックアップを取りましょう。備えあれば憂い無し、です。

ターミナルからmysqlコマンドで取ってもいいですし、稼働しているWordPressの管理画面のDatabaseから取っても構いません。お好みでどうぞ。

3.データベースのテーブル名を変更

まず既存のテーブル名を確認します。

WordPressの管理画面のDatabaseから確認できます。

私はターミナルからmysqlコマンドラインツールを用いて、以下のようにしてテーブル名をファイルに保存し、確認しました。後程、更新クエリを作成する為に用いる狙いもありました。

インストールしているプラグインによってテーブル数は増加します。必ずお使いのデータベースのテーブル名を確認して下さい。

次にテーブル名の変更を行います。私の環境では、15個のテーブルが存在していましたので、以下のファイルを作成し、alter.sqlという名で保存しました。

そして、以下のコマンドでテーブル名を更新しました。

4.テーブルに保存されたテーブル名を更新

wp_optionsとwp_usermetaテーブルにテーブル名が保存されています。この保存されているテーブル名を新しいテーブル名に変更する必要があります。

先程と同様にクエリを作成し、update.sqlファイルに保存しました。

古いテーブル名で検索し、新しいテーブル名で更新するだけです。

以上で接頭辞の変更は完了です。

よっぽどセキュリティがザルで無い限り、大丈夫とは思いますが、念の為、変更しておいた方が安心できます。デフォルトの接頭辞のまま運用されらっしゃる方、変更はそれ程難しくはありませんので、検討してチャレンジしてみて下さい。

宮崎県在住。
プログラムを書いて暮らしています。趣味はルアーフィッシング、ギター。