WordPressのソースコード管理にBitbucketを使う

前回の続きです。

WordPressをサーバーに構築する前に、私がWordPressのソースコードを管理する為に用いているBitbucketについて紹介します。

プログラムを書いた人ならこんな経験がある事でしょう。

ケース1

「プログラムを変更したら動かなくなった…。元はどうだったっけ…。」

ケース2

「前の出来の方が良かったな。元に戻そう。さて、元はどうだったっけ…。」

ケース3

「Aさんにここの機能を作ってもらおう。」

後日

「Aさんが作った機能のソースコードはどれとどれだったっけ…。」

などなど。

こんな問題はバージョン管理システムを用いる事で解決できます。

Bitbucketとは

Bitbucketとはバージョン管理システムをWebベースでホスティングしているサービスです。バージョン管理システムはGitとMercurialを選択出来ます。

私はGitを使用しています。

GitHubとの比較

無料でプライベートリポジトリを作成できる

GitHubでなくBitbucketを選択した最大の理由はこれです。GitHubは無料でプライベートリポジトリを作成できません。プライベートリポジトリを作成するには最低$7必要です。詳しくはこちら

Webサイトがローカライズされている。

サイトが日本語でローカライズされていますので、わかりやすいです。

無料ではリポジトリを共有できるユーザーは5人まで

6人以上のユーザーで共有するには有料となります。最低$10。詳しくはこちら

一方、GitHubはユーザー数の制限はありません。無制限です。

無料でプライベートリポジトリが作成できる、この一点だけでBitbucketに決めました。ユーザー数の制限については、今のところ自分しか使いませんので、大した問題ではありません。

Bitbucketのアカウント作成

Bitbucketへアクセスし、アカウントを作成しましょう。Googleのアカウントをお持ちであれば、それを利用してログインする事もできます。

とても簡単です。

 

Bitbucketトップページリポジトリの作成

アカウントを作成したら、リポジトリを作成しましょう。

Bitbucketリポジトリ作成

Bitbucketリポジトリ作成2

これでリポジトリの作成は完了です。

SourceTreeをダウンロード

次はSourceTreeをダウンロードしましょう。SourceTreeとはGitとMercurialのクライアントツールです。バージョン管理システムに慣れ親しんでいない場合、GUIで操作するクライアントツールを使った方がとっつきやすいでしょう。

リポジトリを作成した後に表示される画面からSourceTreeをダウンロードします。

SourceTreeをダウンロード1

SourceTreeをダウンロード2

クリックするとダウンロードが開始されます。

今回はここまでです。次回はBitbucketに作成したリポジトリをクローンし、WordPressのソースコードを管理する方法について書きます。

宮崎県在住。
プログラムを書いて暮らしています。趣味はルアーフィッシング、ギター。