macOSにPython3.6をインストール

macOS SierraにPython3.6をインストールしました。

Homebrewを使用せず、公式が配布しているインストーラーからインストールします。

macOS SierraのデフォルトのPythonのバージョン

2.7です。

調べてみると、2.7は残しつつ、3系をインストールして共存できるとわかったので、インストールする事にしました。

Homebrewは使いません

検索してみると、Homebrewを用いた3系のインストール方法がよくヒットします。

私は過去に、パッケージ管理ツールmacportsを使用していたのですが、macportsでインストールしたアプリケーションが、OSのアップデートの度に動かなくなった経験があります。その為、macOSでパッケージ管理ツールを用いる事に抵抗感があります。

という訳でHomebrewは使いません。

インストーラーでインストール

Python公式サイトからインストーラをダウンロードします。

こちらのページで「Download Python 3.6.2」をクリックし、ダウンロードページへ遷移します。

Mac用のインストーラーをダウンロードしたら、インストーラーを起動します。おなじみのインストーラーが表示されるので、表示に従ってインストールを行います。

動作確認

これで完了です。

ターミナルを起動し、下記のコマンドを実行して3系のバージョンが表示されたらインストールは成功です。

pipもインストールされます

pipもインストールされます。

ルート証明書を取得

インストール直後の状態ではルート証明書を取得していません。この状態で、urllib.requst.urlopen()メソッドで、セキュア通信(https://、SSL/TLSプロトコルでサーバーと通信)を行うと、下記のエラーメッセージが表示されます。

そこで下記のコマンドを実行し、ルート証明書をインストールします。

これでhttpセキュア通信を行えるようになります。

宮崎県在住。
プログラムを書いて暮らしています。趣味はルアーフィッシング、ギター。