CentOS7のsystemctlコマンド

慣れ親しんでいたserviceコマンドが、CentOS7ではsystemctlコマンドになっていて使い方がわからなかったのでメモ。

コマンド 処理
systemctl start <サービス> 起動
systemctl stop <サービス> 停止
systemctl restart <サービス> 再起動
systemctl reload <サービス> リロード
systemctl status <サービス> ステータス表示
systemctl enable <サービス> 自動起動オン
systemctl disable <サービス> 自動起動オフ
systemctl is-enabled <サービス> 自動起動状態確認
systemctl list-unit-files –type=service サービス一覧表示

CentOS7はコマンドがいろいろ変わってて戸惑います。なんで変えたんですかね?

宮崎県在住。
プログラムを書いて暮らしています。趣味はルアーフィッシング、ギター。