2017/08/25の釣り

お盆を過ぎ、夜になると暑さが和らいできました。夜には少し潮が動くようにもなってきました。そろそろスズキが釣れないかなと思い立ち、久しぶりにウェーディングでのスズキ釣りに行ってきました。

いつものようにM128からスタート。

流れが効いている場所でミノーを泳がしているとアタリがありました。反応があったので、暫くM128で釣りを続けるとヒット。寄せてみるとフッコでしたが、久しぶりのナイトウェーディングでの釣り、アタフタしている間にあえなくフックアウト。ランディングネットを早めに準備するべきでした。

気を取り直して釣りを続行。M128に反応が無くなったのでTKLM9/11にチェンジ。

ミノーのサイズが小さくなったおかげなのか、M128よりアタリが出るようになりました。しかし、ノラない。「ガッ」とか「コッ」とか手元に伝わるだけで終わります。ガップリ食ってくれないのです。

そこで、シルエットを細くする為、TKLM 8/9.5にチェンジ。

このルアーに変えると、よりアタリが出るようになりました。ルアーチェンジが功を奏したようです。

そして、再び待望のヒット。先程バラしたので慎重にやりとりして無事ネットイン。ヒラフッコ(小さい方でギリギリフッコサイズ)でした。

その後、バラしつつ、二尾のヒラフッコをキャッチ。一尾目とほぼ同じサイズでした。きっとこのサイズが群れていたのでしょう。潮止まりから1時間以上経過してもアタリがあるので、止め時に悩みましたが、仕事の後で疲れもあり、眠気を感じたのでAM3:30に納竿としました。

この日はアタリの数だけは凄くありました。しかし、アタリ多数で高活性と思いきや、アタリだけでノラず、ノッてもエラ洗い一発でバレたり、イマイチフッキングが決まりませんでした。普通、活性が高かったらスパッと刺さるのに不思議なものです。フックは当然、チェック交換済みなのに、です。

結果、10ヒット3キャッチ7バラシ。もう少し掛けて取りたかったなという残念な気持ちはありますが、久しぶりのナイトウェーディングでの釣りは楽しかったし、小さいけれど魚は釣れましたので満足です。ウェーダー越しに感じる水は冷たく、川面を走る風は涼しく気持ちが良く、また良い潮回りになったら行ってみます。

追記:翌日も行ってみましたが、前日と打って変わって流れが効いておらず、魚の活性が上がらなかったのか、アタリが全くありませんでした。トゥイッチでリアクションバイトを誘って、2ヒット得ましたが、どちらもエラ洗いで即バラシ。前日になんとかしてもっと釣っておくべきでした…。ヒットルアーはTKLM8/9.5とTKRP9/12。2日共、小さめのルアーの方が好まれる傾向のようでした。

タックル

ロッド:ufmウエダ SPS-902SS-TiEX
リール:ダイワ 05イグジスト2508

宮崎県在住。
プログラムを書いて暮らしています。趣味はルアーフィッシング、ギター。