仮想マシンの公開鍵を消してしまった場合の対処法

Vagrantで仮想マシン起動時に、Authentication failureが出続ける不具合です。こちらのケースと違い、うっかり仮想マシンに保存した公開鍵を削除した、または内容を変更してしまったケースの対処法です。

ホストOSで秘密鍵の場所を確認

対象仮想マシンのVagrantfileを配しているディレクトリで下記のコマンドを実行します。

すると下記の情報が出力されます。

IdentityFileが秘密鍵のパスとなります。

公開鍵を作成

下記のコマンドで公開鍵を生成します。

仮想マシンに公開鍵を配置

仮想マシンにログインし、/home/vagrant/.ssh/authorized_keysの内容を生成した公開鍵の内容に書き換えます。

/home/vagrant/.ssh/authorized_keysが存在しない場合はファイルを作成し、書き換えます。

vagrantユーザー以外のユーザーでログインする場合は、パーミッションの変更を行って下さい。変更方法はこちらの記事を参考にして下さい。

設定後、仮想マシンを起動するとAuthentication failureが表示されずに起動できるようになります。

宮崎県在住。
プログラムを書いて暮らしています。趣味はルアーフィッシング、ギター。