ある日突然vagrant up時にAuthentication failureが発生した場合の対処

過去に遭遇したVagrantに関するトラブルです。

それまで全く問題なく起動できていた仮想マシンが、ある日突然vagrant upコマンドを実行するとAuthentication faulureと大量に出力されるようになりました。

その対処法について記載します。

原因

Vagrantを更新したから。Vagrant1.8.5のバグ。

vagrant up時に従来のinsecure_keyが存在した場合、Vagrantが別のキーペアを作成し、insecure_keyが置き換えられます。以降はそのキーを用いて仮想マシンへアクセスしようとする為、認証が通らずエラーを出力していた、という事です。

対処

キーの自動置き換えを無効にし、デフォルトのキーを用いるよう、Vagrantfileに下記を追加します。

仮想マシンにログインし、下記のコマンドを実行します。ホスト側のキーとペアとなるデフォルトの公開キーを取得し、パーミッション、所有権を設定します。

以上の設定を行い、仮想マシンを起動すると認証エラーが出力されなくなります。

最後に

現在、このエラーは発生しなくなっています。ver1.9.7で、試しにVagrantfileに追記した”config.ssh.insert_key”をコメントアウトして仮想マシンを起動しても認証エラーは発生しませんでした。

宮崎県在住。
プログラムを書いて暮らしています。趣味はルアーフィッシング、ギター。